読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複利について考える(月1万円コース)

お金の学校
この記事の趣旨

インターネットで調べたところ、日本で投資をしている人は1,400~1,800万人くらいと推測されています。

私はこの人数を「意外と多い!」と思いましたが、周りで投資やお金の話をできる人はほとんどいません。日本ではお金の話をするのはあまり良いこととされていないように感じます。

しかし、私は複利というものがいかにすごいかということを声高らかに叫びたくてこの記事を書いてみました。

条件

毎月1万円を月初に投資することにします。利率はバフェット太郎さんの記事からS&P500の1957-2003年のパフォーマンスである”年利11.18%”としました。これを√365した値(≒日利0.029%)を毎日掛けていくことにします。簡単化のため、うるう年は考慮していません。

毎月1万円なら外食の回数を減らしたり、コンビニでの買い物をやめたり、格安SIMにしたり、1日350円を積みたてることで拠出できるので、誰にでも実践できるはずです。

10年後までの結果

日付残高
2017/01/01¥10,000
2018/01/01¥137,179
2019/01/01¥278,576
2020/01/01¥435,781
2021/01/01¥610,706
2022/01/01¥805,043
2023/01/01¥1,021,108
2024/01/01¥1,261,328
2025/01/01¥1,528,816
2026/01/01¥1,825,798
2027/01/01¥2,155,983

毎月1万円なので、1年で12万円、10年で120万円を投資することになります。簡単にいうと、S&P500に投資すると、10年で月額の215倍の資産が築けるということです。ちなみに年利0.01%の定期預金だと10年後に121万円くらいになります。

大卒から定年までの結果

皆さんはこの10年の結果をどう見ますか?元本割れのリスクを取るのに、いまいちだなと感じるかもしれません。自分が仕事をして稼いだ大事なお金をアメリカのよくわからない500社に分散投資することに気がすすまないかもしれません。

しかし、この地道な毎月1万円の投資を愚直に22歳から60歳定年までやったらどうなるでしょうか。

日付残高
2017/04/01¥10,000
2022/04/01¥804,747
2027/04/01¥2,155,180
2032/04/01¥4,451,152
2037/04/01¥8,351,453
2042/04/01¥14,979,031
2047/04/01¥26,240,953
2052/04/01¥45,390,991
2055/04/01¥62,802,504

定年までの辛い仕事人生もエクセルで見ると儚いものに感じます。
さて愚直に毎月1万円をS&P500に投資したところ、とてもうれしい退職金を手に入れることができました。ちなみにこの方が投資した元本は年12万円×38年=456万円です。

大卒から平均寿命までの結果

さらに粘り強く、日本人の平均寿命である83歳まで投資を続けるとどうなるでしょう。

日付残高
2055/04/01¥62,802,504
2060/04/01¥107,536,558
2065/04/01¥183,520,205
2070/04/01¥312,636,020
2075/04/01¥532,037,120
2077/04/01¥658,107,813



…家族のためにも遺産相続は計画的にやりましょう。

注意点

いつものとおり計算は間違っているかもしれません…雰囲気を感じていただければ…


にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ