スマホは呪いの首飾り

♪デロデロデロデロデロデロデロデロ デンデロン

 

 

電車、トイレ、お風呂、職場!!

 

 

どんなときもこいつから逃れることはできません!

 

 

脳が退化していきます。ブルーライトでストレスも!!

 

 

だから私は電車の中では本を読むようにしています。

 

 

電車で電話し続けるやつ

先程、隣の席で10分以上電話し続ける女性がいてクソ腹立ちました。

 

 

一応車内には「通話はご遠慮ください」と記載がありますが、冷静に考えると、乗客同士の会話より静かだし、そんなに迷惑ではないのかなと思いました。

 

 

しかしクソ腹立ちました。何に腹立ったのか振り返ってみると、その女性が多様化の名のもとに堂々とルール違反していることに腹立っていたのです。よって、あまり意味のない旧態依然とした車内ルールに縛られている自分の中に原因があったのかなと思います。

 

 

冷静に物事を捉えることって大事ですね。しかし思い出すと今でも腹立ちます。

勉強のコツ

資格試験の勉強をしていました。


数年ぶりに集中して勉強したのですが、高校生のときのように集中力が持続しません。


仕事、家庭、身体の衰え、沢山の誘惑、諦める癖…



大人になってからの勉強のコツに気づいたので特別にお伝えします!!



1,タイムリミットを決めてやる→後で予定を入れてやる。ダラダラしなくてすむ。


2,ページ数を決めてやる→今日は必ず●●ページまでやるぞ!と決めてやる。集中力アップ。


3,コーヒーを飲む→カフェインはキクぜ!


4,テアニンを飲む→カフェインのデメリットが軽減される
https://jp.iherb.com/pr/California-Gold-Nutrition-L-Theanine-AlphaWave-Supports-Relaxation-Calm-Focus-200-mg-60-Veggie-Capsules/83280?rcode=JEY934jp.iherb.com


5,マルチビタミン多めに摂ってよく寝る→脳はスマホの影響でかなり疲労・劣化している。
https://jp.iherb.com/pr/Life-Extension-Two-Per-Day-Tablets-120-Tablets/78404?rcode=JEY934jp.iherb.com


刃を研ぎ続けましょう!

人としての強さとは?

最近気づいたことです。


強い人とは??


権力や論理などで他人を圧倒できる人ではなく、他人と自分をどんなときも切り離して考えられる人が真に強い人だと思うようになりました。


他人からの悪い影響を受けないこと、良いところを上手く自分に取り入れることが肝要。


グローバル化の影響というか誤解によって、多様性の名のもとに自己中が増えています。
また、時間に追われて心に余裕がない世の中ですが、私達は自分の良心に従って生きて、周りの人々と幸せになりましょう。

仕事と投資

明日から夏休みです。早速、休み明けに出勤することを考えてブルーになっています。

 

世の中の多くの人と同じ?で定期面談等で、「会社のため日本のためになるような仕事がしたい!」と上司にPRしたりしますが、仕事辞めたい!というのが本音であります。

 

資産的に、今の私はまだまだリタイアできません。運用が上手くいっても、あと20年は働かないといけない計算です。

 

嫌で仕方ない仕事ですが、安定的に収入が得られることと、社会的な信用が得られるというメリットがあります。

 

特に自分の子供に対して、教育的な観点から「辞められない」というより「辞めたくない」ということになります。


それでも私のHDVやXLP、ちょっとばかりのSPXLが暴騰して1億円くらいになったら今の仕事は辞めてしまうかもしれませんが笑

最初の正念場

この1週間で含み益が40万円くらい減りました。

 

自分の目標は30年後に資産を築いていることなので、短期的な増減は関係ありません。

 

しかし、圧倒的な精神的ダメージを受けてしまいました。

 

この状況でもコツコツと楽天VTIとXLPを買い続けられるか…

 

苦難を乗り越えて長期投資家になれるように、ストロングゼロを飲んで気絶したいと思います。

激務すぎて辛い人に読んでほしい本

年があけて仕事が通常モードに戻ってきている今日この頃です。
仕事がきつくて今年もヤバすぎるという方に読んでいただきたい本をご紹介いたします。

・七つの会議:池井戸潤

零細社長VS巨大企業が続けてヒットしている池井戸さんですが、この本は感情移入しやすいリーマン視点ものです。何のために働きつづけるのか?という問いへのヒントが感じ取れると思います。


・手紙:東野圭吾

「自分はどこから来て、どこへ行くのか」ということを考えさせられる一冊です。電車の中で読み終えたのですが、泣いてしまいました。

人は自分の幸せを絶対量では計れないそうです。つまり、身近な他人と比べて自分はどうか?ということで幸せを感じるということです。ぜひこれらの本に感情移入していただき、「自分はまだましな方だな。」「こいつ(主人公)が頑張っているんだ。よし俺も前向きにやっていこう。」と感じていただけると幸いです。